うつ治療を長引かせないためには

できるだけ早く治療開始をする

うつ病は治療が遅れてしまえばしまうほど、うつ治療も時間がかかるようになってしまいます。
うつ病と言っても症状は人それぞれですが、重い症状になればなるほど回復しにくく、その分社会復帰できるほどになるまで時間が必要となります。
また、治療開始までの期間が短ければ短いほど治療への反応が早いと研究結果が出ているため、長引かせないためにも早めに治療を受けることが大事です。
症状が軽いとうつ病治療に抵抗があることで我慢すればなんとかなると思ってしまうかもしれませんが、それが自分をさらに苦しめてしまう行為になるかもしれません。
自分がうつ病になってしまったかもと感じたら、我慢ではなくすぐに医師に相談してみましょう。

自分の判断で薬を調整しない

うつ病の治療をしていると、症状が緩和してきて薬を飲まないようにする人がいらっしゃいます。
自分ではもう大丈夫だと思ってしまうかもしれませんが、この行為が治療を長引かせてしまいます。
うつ病は常に一定の症状ではなく、症状が重い時もあれば軽い時もあります。
特にうつ病治療中は薬の効果によって症状緩和されることが多いため、もう大丈夫だと思ってしまうことがあります。
しかし薬の効果によって症状緩和されているだけですので、完治しているわけではありません。
医師の指導なく薬を調整してしまうと、治療前の状態に戻ってしまう可能性があるため長引いてしまいます。
調子が良くなったと思っても治療を続けるようにして長引かせないようにしましょう。