うつ病と躁うつ病との違いについて

躁うつ病は、躁状態とうつ状態を繰り返す

代表的な精神疾患には、うつ病と躁うつ病があります。うつ病と躁うつ病では、違った症状が見られるので違いを知っておく必要があります。躁うつ病は、躁状態とうつ状態を繰り返す病気です。躁状態になると誇大妄想が見られたり、お金遣いが荒くなって借金が出来ることもあります。夜間に睡眠をあまり取っていなくても、昼間は活発に活動できるなどの変化が見られます。うつ状態に比べると、元気になったように見えますが、病気が原因なので正常な状態ではありません。精神科の病院やクリニックでは、カウンセリングや問診などが受けられます。カウンセリングや診察を受けた後に総合的に判断して、病気が診断されることが多いです。初めから強い薬を出されることはありません。

躁うつ病は薬が効きにくいのが特徴

うつ病は憂鬱な気分が長く続き、意欲や気力が減退するので、躁状態になることはありません。躁うつ病は、うつ状態を躁状態を繰り返すので周囲の家族は困惑をすることが多いです。うつ病に比べると、内服薬が効きにくいなどの特徴があります。精神科の病院やクリニックでは、気分安定薬や抗うつ剤を処方してくれるので、しばらくは根気よく続けることが大事です。躁うつ病はカウンセリングや、認知行動療法などは大変有効です。躁状態が長く続いており、昼夜が逆転していたり、活発に活動している時は、精神科を受診することが大事です。うつ病や躁うつ病は、早期に発見して治療を受けることで、社会復帰が可能になっています。必ずしも入院が必要ではなく、通院による治療が可能です。